古民家で暮らす

トイレやお風呂のこと

トイレを綺麗にしよう

トイレが汚いのは、嫌だと感じるでしょう。
元々汚れやすい部分ですし、汚い環境がずっと続くとバイ菌が繁殖する危険性があります。
リフォームして綺麗にすることは、感染症などの予防に繋がると思ってください。
そう考えると、真剣になろうという気持ちが溢れると思います。
家族で古民家に住む時は、健康を担っていると考えましょう。

まだ古いタイプのトイレで、汲み取り式になっているかもしれません。
水洗トイレにした方が便利ですし衛生的です。
ウォシュレットなどの機能も搭載すると、さらに使いやすいトイレになります。
また、床が汚くなっている時は張り替えましょう。
たくさんの部分で工夫できるので、自分が気に入るトイレに変身させましょう。

綺麗なお風呂が良い

お風呂は、1日の疲れを癒す空間です。
それなのに汚いと、嫌な気分になって身体を癒すことができません。
セルフリフォームする時は、お風呂を入念にしておいた方が良いです。
湿気が他の部屋に比べて多いので、どうしてもカビが発生しやすくなります。
カビの対策ができる床材やタイルが販売されているので、それを使った方が良いと思います。

定期的に掃除をすることで、カビの繁殖を抑えることができます。
しかし毎日丁寧に掃除をすることは大きな負担になるので、いずれやらなくなる危険性があります。
セルフリフォームをする時に少し面倒ですが、掃除が楽になるタイルを使った方が良いでしょう。
お手入れのことも考えてセルフリフォームを実践してください。