サステーナブルスな樹木葬。その費用はいかに。

樹木葬のメリット、デメリット

樹木葬の5つのメリット

樹木葬のメリットは主に5つあります。第一に通常の埋葬よりも費用が安く抑えられます。それから、2つ目は、樹木葬のほとんどは永代供養のため、お墓の後継ぎ問題や管理に関する心配は不要です。3つ目は、供養の方法などについては寺院の宗旨・宗派によって異なることになりますが、それ以外の宗教的な制約はほとんどありません。そして4つ目は、生前購入が可能なことです。樹木葬は最近人気が高く、需要に供給が追いついていない状況です。しかし、シンボル型の樹木葬の場合、必要となるスペースがほとんどないため、生前購入が可能です。最後5つ目は、人は死んだら土に還ると言いますが、まさにこの樹木葬は、人が亡くなった後、自然と同化して自然に還る埋葬方法だと思います。
樹木葬は、自然に囲まれた里山や公園のように綺麗に整備された霊園で、シンボルになる樹木の元に埋葬され、やがて自然に還る。なんともメルヘンな心地ではないでしょうか。

樹木葬のデメリットとは

樹木葬のメリットについて見てきましたが、最後にデメリットについても見て見ましょう。
樹木葬の場合は、自然に還りたいとの思いからくるものだと思いますが、その場合、埋葬後はご遺骨の取り出しが難しいようです。

また、デメリット言えるかどうかわかりませんが、樹木葬そのものが、まだまだ世間一般に認知されていないところもあるようです。ですから、自ら樹木葬を望んでも家族や親族から反対されるケースがあるようです。家族や親族の皆さんに、樹木葬に対する正しい理解を持ってもらうことが大切です。実際にご一緒に見学に行かれたりするのも良いかもしれませんね。その上で、よく話して理解を求めていく必要があるかと思います。

それから、個別一本型の場合には、樹木の周りの雑草取りを個別に行わなくてはならない場合があるそうです。もちろんお墓や霊園の管理規約次第ですので、よくよく確認しておく必要があるかと思います。


この記事をシェアする