サステーナブルスな樹木葬。その費用はいかに。

樹木葬でかかる費用の実態に迫る

タイプ別樹木葬のかかる費用

皆さんはご自身が死んだ後どうしたいでしょうか。最近は、死んだ後は自然に還りたいとの考えから樹木葬を選ぶ方が増えてきているそうです。
しかし一方で、樹木葬に興味はあっても、費用が心配で敷居が高いように感じている方も多いかと思います。
そんな方々のために、樹木葬を行うためには、どの程度の費用がかかるものなのか、費用の相場感やその内訳などについても詳しくみていきたいと思います。

樹木葬には大きく分けて3つのタイプの埋葬方法があります。
先に述べたシンボル型・集合区画型・個人一本型の3つの埋葬方法です。

それぞれの埋葬にかかる費用ですが、大体の目安としては、シンボル型の樹木葬の場合は20万円前後、集合区画型の樹木葬の場合は60万円前後、個別一本型の場合は80万円前後のようです、

ちなみにこれ以外にも気になる費用がありますので、次にそちらをみてみましよう。

かかる費用の細目を検証

樹木葬を行うに際しては、埋葬方法によってかかる費用がありますが、他にもかかる費用があります。具体的には、二つの費目です。
通常の一般的な埋葬をするために必要となる費用には、永代使用料、墓石代、管理費などがかかりますが、樹木葬の場合は、墓石を作らないので、かかる費用は永代使用料、管理費の二つになります。
樹木葬の場合、永代使用料は、おおよそ20万円から80万円程度が相場のようです。ちなみに、樹木葬の場合は、基本的に永代供養なので、権利を継承するようなことはありません。
この永代使用料は、個人一本型、集合区画型の樹木葬の場合、墓地の立地条件や契約期間によって変わります。
管理費は、墓地・霊園の運営者が管理していくためにかかる費用です。樹木葬の場合は基本管理費はかかりませんが、個人一本型、集合区画型の場合は、年間管理費が8千円から2万円程かかることがあるようです。


この記事をシェアする